ffxiv_dx11 2017-04-16 00-48-43-066
私は駆け抜けた、この蒼天の空を。
このやる気の無さ。
思えばもう自分の中でとっくに
FF14蒼天のイシュガルドは終わっていたんやなって

新情報も特に今は出ない状態なので
少し早いですがここらでボチボチ

FF14蒼天のイシュガルドを少しづつ振り返っていきたいと
思います。

それではじまりはじまり~

今見ても鳥肌が立つ完璧なOPで幕を上げた
蒼天のイシュガルド
これを見て滾らないFF14プレイヤーは当時いなかっただろうと
今でも断言できる

迫りくる強大な敵(ドラゴン)それに戦士の鎧を脱ぎ捨て
新しい竜騎士AF2を纏い相対するヒカセンに自分を重ね
これから迎えるイシュガルドでの冒険に期待し胸を膨らませたものだ

f089ff1e
結局蒼天最後までお世話になった
新種族アウラ
おっぱいが小さいのと額の鱗が今でもネックだなー
とは思うけど総じて良いデキだったと思う。
キュートなエモート(あざといとも言う)
尻のアウラとも言われるほどのキュッと引き締まった可愛いヒップ

中々のシコキャラやったと思うで!

964c0e95-s
このアウラを筆頭に
暗黒騎士や機工士、占星術士等の豊富な新ジョブも追加され
最初からその新ジョブのレベリングから開始し
イシュガルドに乗り込んで来る猛者の物達もいた。

正にお祭り騒ぎではじまった蒼天のイシュガルド
この頃は希望に満ち溢れていたなぁ

71c9e152
ブログ的に反省すべきはこの頃の
メインストーリーを辿る軌跡が全く無い事
ネタバレに配慮したのもあるだろうが
何よりこの頃は固定に属していた事もあり
LV60へのレベリングを早く終わらせ新らしくなったスキル回しに
一刻も早く慣れたいという思いもあった。
固定の人達がガンガンメイン進めていく中で遅れてなるものかー
とも思って焦って消化した感じもあったしなんだか勿体無かったなぁと

その点、紅蓮ではまたボッチになってしまったので
じっくりゆっくり楽しめますね!やったね^^^^^
ハハッ

f1d80d2e
メインを終え黒魔をカンストすると
今度はエノキに対する悩みが噴出するこの頃の日記(2015年6月頃)
今ならエノキの秒数なんて殆ど確認せずとも
指が勝手に更新をはじめる域にまでなったが
当時の覚えたてはそんな事できる筈無くDPSは惨憺たる物だったように記憶している

7eaf9f75
そして案の定召喚に逃げようとしている当時の自分
非常に分かりやすいですね^^^^
別に召喚が簡単な訳では無いですが
とっつき易さと見た目の派手さ(トランスバハムート)で一気に心を持っていきかけられた
感じでしたねー

ec12bf46
結局、エノキ難しいから召喚に逃げるなんて格好悪すぎィ!
な勢いで黒魔でのアレキ起動零式挑戦を決意する訳ですが・・・

まぁ幸か不幸かこの時の判断。間違って無かったんですよね
あまりにも要求DPSが高く必要とされた当時の起動編零式において
範囲DPSよりも単体DPSが出せる黒魔の方に分があったんです

後に召喚にも上方修正が入りほぼ同じくらいのDPSが出せるように
なりましたが当時は単体火力なら確実に
黒魔>召喚だった

なのでこの頃の私の判断は間違っていなかった
ただ・・・ただ・・・

だがしかし

9dbd6e33-s
予想以上にそして想像以上に

アレキサンダー起動編零式は地獄だった
それだけの事・・・

未熟なスキル回しで大したPSもなく
今思えば簡単だった真成編をクリアし漠然とした自信を抱き
臨んだ起動編零式

その先にあったものは・・・

次回またネタが無くなった時に
のんびり振り返っていきたいと思います^^

んではまた次回!

↓押していって貰えると更新の励みになりますよん!

人気ブログランキングへ